大学生

宅建の資格を取れば企業が欲しがる人材になれる

資格を取る方法

保育園

内容と学校

保育園で子供たちに接するには保育士の資格が必要ですが、幼稚園の場合は幼稚園教諭という資格が必要になります。幼稚園は学校教育法という法律に基づいた学校のため、保育士の資格のみでは働くことができません。それでは幼稚園教諭の資格を取得するためには、どうしたら良いのでしょうか。いくつか方法はありますが、幼稚園教諭の免許には種類があります。まず4年制大学で過程を修了し卒業することで取得する1種免許状、次に短大や専門学校を卒業したり通信教育で取得ができる2種免許状、そして4年制大学を卒業後に大学院で修士課程を修了することで取得できる専修免許状です。どの免許状でも仕事内容は変わらないため、わざわざ大学に行く必要があるのかと思われる人もいるかもしれません。しかし、資格取得のため敢えて大学に行くという人も多くいます。それではその理由は一体何なのでしょうか。4年制大学に通うということは短大や専門学校の倍、院まで進む人は更に多く勉強をするということです。その分深く広く教育を学ぶことができ、これによって取得した免許はたくさん勉強したことの証になります。就職する施設によっては給料が少し高めだったり、長く勤めて将来的にはその施設の指導者的な立場になることを期待される場合もあるようです。将来園長先生や教頭先生など上の立場になりたいという人は、4年制大学で勉強しておく方が有利ということになります。どの方法を選んでもきちんと勉強すれば、卒業と同時に幼稚園教諭の資格が取得できます。わざわざ4年制大学にと感じるかもしれませんが、自分が将来どうなりたいか考えて、選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか。