大学生

宅建の資格を取れば企業が欲しがる人材になれる

効率的かつ実践的に学べる

男女

仲間や先輩の存在も大きい

保育士になりたいなら養成課程のある学校に通いましょう。学校に通わずとも保育士になる事は可能ですが、合格率2割程度の国家試験に自力で合格をしなければなりません。その点、養成課程のある学校であれば、卒業と同時に資格を取得出来るので、ペーパーテストが苦手な方も安心です。また、参考書などを見るだけでは学べない実習を通した実体験が積めますし、先輩や講師の方からのアドバイスなども貰う事が出来ます。この様に養成課程のある学校に通うメリットは様々あるのです。これら保育士の養成課程のある学校には色々なタイプがあるのでそれぞれの方の状況に合わせた学校選びが行えます。じっくりと時間をかけて学んで行きたいと考えている方であれば、4年間の養成課程が組まれている大学が有力な選択肢となりますし、なるべく、時間とお金をかけたくない方の場合、2年間で養成課程が終わる短大や専門学校が有力な選択肢となります。保育士資格を取得出来る点では変わりないものの、どれ位の時間とお金をかけて学んで行くかと言う点で違いが出るので自身の状況に応じた学校選びを行いましょう。なお、大学、短大、専門学校いずれを選ぶ際も在学中にしっかりと実力、知識を身につけられる様に各校の教育指導体制は必ずチェックをするのが望ましいと言えます。決して安くは無い学費をかけて、通うからには現場で役立つ知識や技能を効率的に身に付けさせてくれる学校を見つけ出しましょう。