女の人

宅建の資格を取れば企業が欲しがる人材になれる

不動産取引のプロの証

家の模型

不動産業者に必須の職業

宅地建物取引士、いわゆる宅建士は、不動産業を行なうには必要不可欠な資格です。なぜなら、不動産業を営む者は、事務所については従業員の5人に1人以上、事務所以外の営業所については1人以上の、専任の宅建士を置くことが業法で義務づけられており、それが守られていない場合は罰則を課せられることになるからです。特に、宅地建物業務主任が宅建士と改められてからは、高い人気を誇る資格なっています。宅建士になるためには、年に一度行なわれる資格試験に合格する必要がありますが、4肢択一方式の全50問を2時間で解くという本試験は、受験者数の10数パーセントを合格ラインとして設定するため、毎年合格点が異なってきます。試験範囲は、民法や借地借家法といった権利関係、宅地建物取引業法などが出題されます。また法令上の制限、税・価格の評定、そして免除科目の5種ですが、なかでも重要なのか宅地建物取引業法です。ここは、50問中20問が出題されるうえに、試験範囲も民法などと比べるとはるかに狭く、大きな得点源となるところです。資格試験に合格するコツとしては、まずは宅地建物取引業法を、ほぼ全問正解するつもりで押さえたうえで、法令上の制限や権利関係で得点を補うという勉強方法が効果的と言えます。そして何より過去問をこなして、毎年出題されるような科目については確実に得点できるようにすることが肝心です。誰もが得点できる基礎的な問題を落とさないようにさえすれば、合格はけっして難しくはありません。

男女

効率的かつ実践的に学べる

保育士を目指すなら国家試験の難易度、効率いずれの点からも養成課程のある大学や短大、専門学校などの学校に入るのが賢明です。実践面的にも実習を通して多くの事が学べますし、仲間や先輩、講師の方々からのアドバイスなども期待出来ます。

保育園

資格を取る方法

幼稚園教諭の資格は短大や専門学校、4年制大学を卒業することで取得ができます。どの方法で取得しても仕事内容に変わりはありませんが、自分がすぐに働きたいのか、じっくり学んでから働きたいのか、将来どんな立場で仕事したいのかなどを考えて、どの方法を選ぶか決めましょう。

男女

就職活動や仕事を有利に

就職活動のときも、すでに仕事をしているときも、ビジネスに関する資格を持っていれば役に立つことが多いです。ビジネスに関する資格を習得するには、学校に通う方法と通信教育で学ぶ方法があります。自分の生活スタイルや勉強しやすい方法を考えて決めると良いでしょう。